カスペルスキー 2012 Multi Platform Security 1年3台乗換優待版を買いました。

カスペルスキー 2012 Multi Platform Security 1年3台乗換優待版を買いました。


かれこれ10年以上の付き合いだった
ノートンから、カスペルスキーに乗り換えました。

理由は値段。
そしてスマホへのセキュリティソフトの
導入を考えていたことです。

まず、値段ですが、乗り換え優待と言うことで安い!
特にアマゾンでは激安といってもいい価格ですし、
買ったときにはキャンペーンもやっていて
さらにオトクでした。

そしてスマートフォンへの導入です。
いろいろありましたが、カスペルスキーは1つソフトを買えば
WindowsとMac、そしてスマホから好きな組み合わせで3つインストールできます。

カスペルスキー 2012 Multi Platform Securityのインストール


パッケージの内容は6点です。

・Windows用マニュアル
・Mac用マニュアル
・モバイル用ガイド
・CD-ROM
・ユーザー登録シート
・はじめにお読みくださいの紙
以上の6点となっています。

Windowsパソコンへのインストールは
普通にCD-ROMからインストールすればいいのですが、
スマホには当然ですがCDは使えません。

これはマニュアルにもありますが、
アンドロイド端末からカスペルスキーにアクセスして、
ダウンロードしてからインストールします。

同じように、CDやDVDドライブの付いていないノートPCなどでも、
カスペルスキーの公式サイトより試用版をダウンロードして、
あとでアクティベーションすればOKです。

実際、ThinkPadがCDドライブが無くて焦りましたが、
この方法で問題なくインストールできました。

アクティベーションしてセキュリティを最新にする


インストールしたままではしばらくは使えますが、
すぐに更新期限が切れてしまうので
「アクティベーション」する必要があります。

方法は、ユーザー登録シートの
アクティベーションコードを入力するだけです。
(←画像中央のボールペンで隠している部分です)

コード1つで3台のPCやスマホを
アクティベートすることが出来ます。


カスペルスキー 2012 Multi Platform Securityの使い心地など

インストールした後、1度はフルスキャンが必要で、
これはPCの容量で変わると思いますが、
うちのレノボの500GBのPCで2~3時間といったところです。

それさえ終われば、後は快適の一言です。
全く動作しているとは思えません。

もちろん、まだウイルスに感染したことなどは無いのですが、
ウイルスの探知力はかなり優れているらしいので安心しています。

今のところ気に入っているのは、
「カスペルスキーセキュリティキーボード」という、
ブラウザで動くバーチャルなキーボードです。

カード情報やオンラインバンクなどではキーロガーなどが心配なので、
毎回これで入力しています。

次に、スマホでの使い勝手ですが、
これも特に重くなったなどの体感はありません。

気がつけばスキャンしてくれていますし、
スマホではデフォルトで付いていない着信拒否などが
一発設定できるのでかなり助かります。

スマホではまだウイルスなどはあまり無いようですが、
悪質なアプリなどが心配なのでこれからはセキュリティソフトも必須となるはずです。

持っているパソコンやスマートフォンにどれでも3台
導入できる自由度の高さが嬉しいです。

パソコンに買った時から入っているウイルスソフトを使い続けるのもいいですが
ウイルスから大切なデータを守るためにも
セキュリティソフトは自分で選ぶ時代になってきたのかもしれません。

ちなみにうちでは2つ購入して、
Windows4台とスマホ2台の合計6台に入れることにしました。

(で結局2つ買ってしまいました…笑)

 カスペルスキー 2012 Multi Platform Security

※ アマゾンで主要セキュリティーソフトの徹底比較が特集されています。
※ こちらもぜひご参考にしてみてください。

⇒ 主要なセキュリティソフト9本を徹底比較!

サブコンテンツ

このページの先頭へ