クーラーの代用になるかも?山善の冷風扇FCR-C403を買いました。【FCR-C403は廃盤となり、現在はFCR-C405が後継機種です】

クーラーの代用になるかも?山善の冷風扇FCR-C403を買いました。


節電が必要とされる今、クーラーの代わりにならないかと、
「冷風扇」と呼ばれる水や氷を入れて
冷たい風を出す扇風機を買ってみました。

 今回購入した冷風扇はこちらです

※ 購入したものはFCR-C403ですがすでに廃盤になっているので現在はFCR-C405が後継機種となっているようです。

山善の冷風扇FCR-C403をアマゾンで購入しました


実はもうひとつ、節電以外にもクーラーを使いたくない理由がありまして、
この理由はこちらのブログをご覧いただければと思います(苦笑)。

そんな理由がいろいろありまして、アマゾンでベストセラーを探すと、
この山善のFCR-C403が1位で、レビューの評判も良かったため、これに決めました。

最近のアマゾンは本当に届くのが早いです。
特にプライムサービスなどには入っていませんが、
夜に注文して、次の日の昼には届きました。

左上の画像のように、箱に配送ラベルを貼った状態で届きました。

配送の人には何を買ったか丸わかりなのが少し恥ずかしいですが、
これを梱包するのも難しいでしょうし、仕方ないところでしょう。

この箱を開けると中は右の画像のような化粧箱のパッケージです。

FCR-C403はなかなかメンテしやすそうです。


箱の中身はいたってシンプル。

冷風扇の本体と、結露防止用の下に引くトレーです。

なんでトレーがついているのかというと、
水を入れて使うのはもちろん、
さらに冷たい風を出すために
氷や保冷材を入れて使った場合に、
結露を起こして
床を濡らさないためのようです。


あとは、説明書&保証書に、リモコン。

商品の内容は以上です。
それでは、次はもっと詳しく見ていきます。

FCR-C403はこんな感じです(背面編)


まずは後ろの部分には、風を取り込む吸気のフィルターがあります。

背面全体がフィルターという感じで、しっかり風が出てきそうです。
上部のツメを倒すと、簡単に中のフィルターが出てきます。


フィルターも取り外すことが出来て、丸洗いが可能です。
夏に使うものだし、さらに水を使うのでカビが心配でしたが、
丸洗いできるのは非常に心強いです。

FCR-C403はこんな感じです(前面編)


操作ボタンは全て
上部パネルに集まっています。

たまに、操作系が製品のいろんなところに散らばっているものもありますが、
そういうのに比べて、シンプルでいいですね。
なかなか利便性も高そうです。


前面の下部分には
水を入れるタンクがあります。

次はここを見ていきます。

いきなりなんですが、
一番残念な仕様はココです。

この水タンクは取り外せないんですよね…
上の画像くらい引き出すのが限界です。

ここが取り外せて丸洗いできればカンペキなんですが…
非常に惜しいところです。

(※ 後継機種のFCR-C405でもこの部分は改善されていないようです)

水タンクの中身はこんな感じになっています。
画面中央付近の水を引き込む溝が見えますでしょうか?

ここから水を吸って冷風を作り出すので空になるまで水を使えるのかと思いきや、
給水ラインより下の水はこのゴム栓から抜かないといけません。

夏の間は毎日注ぎ足しで使えばいいと思いますが、
シーズンが終わって収納する前には必ず抜いておきましょう。


使い切れなかった水を捨てるためのゴム栓です。
ここを外せば、水を捨てることが出来るわけですが…

やっぱりこのタンク自体を外せるほうがいいですね(苦笑)


あと、非常にチャチいですがリモコンも付いています。
でも、電池は付いていません(笑)

基本は扇風機ですから離れて使うことはないと思いますので、
このリモコンはたぶん使うことはないでしょう…

FCR-C403を部屋にセット。いよいよ使ってみます


とりあえずは自室の隅に
置いてみることにしました。

PCをメインに使うので、
自分にもパソコンにも
当たるように考えた配置です。

また、背面5cmを空けるように
説明書に書かれていたので、
隙間を作れる部屋の隅は
なかなかいいんじゃないかと
勝手に思っています(笑)


セッティングはこんな感じ。

「冷風」はオンの状態で使わないと、
ただのデカイ扇風機になるので注意(笑)

スイングはオンにして、風は強に設定。


水は2リットルで
下から2目盛りまで入りました。

ここは運転時間で入れる水の量を
変えればいいと思います。

1年ぶりにFCR-C403を使用。その前に大掃除をしました(メンテナンス編)


そろそろ暑さも本格的になってきたので
今年も登場させました。

(※ こちらは購入1年後の追記です)

使う前にフィルター部分を見てみると予想通りのホコリだらけ…去年1年、全く掃除せずに使ったので当然と言えば当然です…。


2つめのフィルタもホコリだらけ。

ちなみにこちらはプラスチックの枠に、粗いメッシュの袋状の布が被せられていて、それをマジックテープで止めてあるだけなので、簡単に分解して洗えます。

最初は掃除機で吸おうかと思いましたが、面倒臭くなったので水で丸洗いにしました。

食器用の洗剤を使って洗いましたが、
別に必要ないかも知れません。

これだけでご覧のようにピカピカに。今年もこれで快適に使えそうです。

FCR-C403を使ってみた感想・レビュー

使ってみた感想は、冷たい風が最高に気持ちいい。

水を入れた風はこんなに違うのか?という感じです。
扇風機から出る風とは全く違って、ひんやりしています。

水だけを入れた状態でこれなら、
氷を入れたらもっと凄いことになるんじゃ…?

と思って、氷を投入してみましたが、
確かにさらに冷たくはなったものの、水だけで十分だと思います(笑)

夏はただでさえ氷はみんな使いますからね…。
家族のヒンシュクを買わないためにも、せいぜい保冷材でいいと思います。

あとは、冷風扇の湿気を気にしている方も多いみたいですが、
確かに、ずっと付けっ放しだと部屋が少しジメッとする気がします。

ですが部屋の扉を空ければ済む程度です。結露したりとかはなかったです。
換気扇がある部屋ならそれでも大丈夫だと思います。

さらにいうとクーラーと併用するならこの部分は全く気になりません。

温度設定も27度で十分ですし、
クーラーが部屋の余分な湿気を吸ってくれて超快適です。

実はずいぶん昔の話ですが、実家に冷風扇と同じような、
水を入れて冷たい風が出るといわれた扇風機がありました。

これをイメージしてる方は、その考えは捨てたほうがいいです。

時代は進化していますよ!
水だけでかなり涼しい風を楽しむことができます!

ってことは、冷風扇はクーラーの変わりになるのか?

この答えは、残念ながらノーです。
冷風扇は、いわば1人用クーラーです。

一人で風を浴びるならクーラーに引けをとらないくらい涼しいです。
だからといって、部屋全体が涼しくなることはありません。残念ながら。

なので、自分の部屋用とか、オフィスで自分のデスク用とか、
狭い範囲で使うぶんには最高だと思いますが、
複数の人や、部屋全体を涼しくする目的で使うのには向いていないようです。

あとは、エアコンの設定温度をなるべく下げずに使いたい方にも向いています。

検証結果、FCR-C403は高性能な1人用クーラーです!

部屋全体を涼しくするのには無理があります…
でも、高性能な1人用クーラーです!

自分ひとりの部屋でクーラーをつけるのがもったいないと思う方、
エアコンの設定温度をできるだけ下げずに使いたい方、
会社で自分だけ暑がりな人などにはピッタリだと思います。

⇒ 山善(YAMAZEN) 冷風扇(リモコン) タイマー付 ホワイトシルバー FCR-C405(WS)

⇒ 楽天市場でもチェックしてみたい方はこちら

※ アマゾンの冷風扇ベストセラー

※ もう今は販売が終わって新しい機種がいろいろ出ているようです。アマゾンのベストセラーからあなたに合ったものをお選び下さい。

ただし…無理は禁物!猛暑日は無理せずエアコンを!そんな時はサーキュレーターも役立ちます。

冷風扇はとっても涼しい。でも、猛暑日は室内でも熱中症になることもあります。なのであまりに暑い日は冷風扇だけで乗り切ろうとか、無理は禁物です。そこでクーラーとサーキュレーターの併用で節電しながら快適なお部屋にしてみては…?

■ ゼピールのサーキュレーターDKS-20Wが購入後2年経った今も毎日フル稼働です

サブコンテンツ

このページの先頭へ