Brotherブラザー工業MYMIOマイミーオDCP-925N買いました

Brotherブラザー工業MYMIOマイミーオDCP-925Nにプリンターを買い換えました。


今回のプリンタ買い替えのテーマは、
ランニングコストの安さ、そして
ネット接続ができることです。

以前から考えれば、
プリンタ自体は驚くほど安くなりました。
キャノンなんて特にそうです。

アマゾンを見れば5~6千円台のプリンタもあります。
ですが結局はインクでお金が掛かります。

そのコストを一番安く抑えられることでブラザーは有名です。




また、ネットワーク接続できるプリンタ、
というのも購入条件でした。
複数ある自宅のPC全てで
プリンタを共有したかったので。
このDCP-925NはLAN接続も出来ますし、
WIFIにも対応しています。

Brotherブラザー工業MYMIOマイミーオDCP-925Nのパッケージ内容




アマゾンで買ったので、箱に伝票が貼られてそのまま送られてきました。

「アマゾンさんからプリンタのお届けで~す」
って言いながら配達員さんに渡されました(笑)




開封するとインクやマニュアル、
そしてラベル印刷用のトレイなどが入っています。


Brotherブラザー工業MYMIOマイミーオDCP-925Nの接続、使い勝手


まずはプリンタの接続から。

もともとネットワーク接続で繋ぐつもりでしたので、プリンタはLANケーブルでルーターに繋ぎます。
(パソコンに直接繋ぐわけではないのでご注意を…)

その後はパソコンにCDROMをセットしてインストールすれば完了です。
特に難しい部分などはありませんでした。

ちなみに、当然といえば当然ですが、プリンタを使いたいPCが複数あるのなら、
その全てにプリンタのドライバをインストールしないといけません。

そして肝心の使い心地です。

写真画像を鮮明に印刷するのをメインで使用するのなら
あまりお勧めはできません。

やっぱり写真の印刷などはキャノンやエプソンのプリンタを使って、
純正インクで印刷するのがベストです。

ただ…我が家では家庭用とは言いながら、
メインの用途はテキストや文書の印刷ですが、非常にいいと思います。

早いし、インクのにじみなどは皆無です。
また、「両面印刷」機能が秀逸で、当然ですがで印刷すれば用紙代も半分。

さらにインク節約昨日もあり、非常に優れたコストパフォーマンスを発揮します。

写真メインなら向きませんが、
文書や書類の印刷などをメインの目的とするのなら申し分ありません。

中小企業や個人商店などで伝票などの印刷や、
DMやハガキ印刷などをするのにも向いてそうです。

知り合いのお店で安いからとキャノンのプリンタを買って、
その後のインク代の高さに泣いていましたので…


Brotherブラザー工業MYMIOマイミーオDCP-925Nの純正インク、汎用・互換インクなど


こちらが純正インクセット。
4色パック LC12-4PKです。

アマゾンなどで確認していただければ
わかるかと思いますが、
キャノンやエプソンなどの他社純正インクと
比べても一回り安い価格設定です。

次は汎用・互換インクを見てみましょう。







こちらが汎用インクです。オススメを2種類挙げてみました。
左が4色セット LC12-4PK Brother LC12BK/C/M/Y (4色)互換インクカートリッジ、
右が【 4本パック 】 brother LC12-4PK 新品 汎用 インクカートリッジです。

左側は値段はそこそこですが、マーケットプレイス出品ながら、発送はアマゾン。
なので送料無料で届くのも早いです。急ぐ時は断然こちら。

右側もマーケットプレイス出品ですが、値段がとにかく安い(笑)
ただ、発送は数日掛かりそうなので余裕を持って注文したほうがいいでしょう。

我が家では普段は汎用インクを使っていますが、
年賀状シーズンを見計らって純正を使用するつもりでいます。

Brotherブラザー工業MYMIOマイミーオDCP-925Nの使い勝手や評価レビューなど

コスパ重視で、書類等の印刷がメインなら最強です。

逆に言えば写真印刷の画質にこだわる方には向きません。
目的が非常にハッキリしているプリンタだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ